ビムラー矯正/歯を抜かない矯正『ビムラー矯正』をお勧めしています。ビムラー矯正歯を抜かない矯正
『ビムラー矯正』をお勧めしています。

矯正の目的矯正の目的

矯正歯科イメージ

みなさん、矯正の目的とは何かご存知ですか?ほとんどの方は美容等の見た目を良くするためにと思われているのではないでしょうか?

実際のところ矯正の本来の目的とは、歯の噛み合わせを等をよくする事で、身体のバランスを崩れにくくするという目的等、健康状態を良好に保つためにするものであります。

人によっては、噛み合わせが悪いために 頭痛や腰痛などの症状を起す方もいますので、気になる方は一度歯科むらお医院までご相談ください。

歯を抜かない矯正歯を抜かない矯正

従来の歯の矯正は、並びきらないという理由と見た目の美しさを考え、問題のない歯も含め上下左右4本の歯を抜きます。

歯並びの美しさが最重要視されてきましたが、本来は機能回復を実現させるのが目的です。噛む力を管理できる正しい噛み合わせにする必要があります。

『あごを広げて歯並びを整える』のが、歯を抜かない矯正のやり方です。ヨーロッパでは広く普及していますが、日本ではまだ、あまり認識がありません。歯の保存の立場に立った方法です。

ビムラーとは?ビムラーとは?

ビムラー

古くからヨーロッパでは、歯を痛めずにアゴの骨の成長を利用した、歯に優しい歯列矯正法が行われてきました。ビムラーはドイツで開発された、お口の中に入れるだけで美しい歯並びへと促すとても簡単な歯列矯正装置です。

ビムラーは、毎日の就寝時の装着のみで効果を発揮します。
しかもほとんど痛みがなく、虫歯の原因になったり、歯に矯正のあとを残したりすることもありません

矯正治療は、歯並び・見た目を治すだけでなく、多くの利点があります。

ビムラーは機能矯正装置の一種です。
舌や唇の機能や運動を訓練し、正常にする効果があります。

装着は夜だけでよい

「床矯正」の装着は夜だけで構いません(5〜8歳に始めた場合)。一日中装着していなければらないブラケット装置とは違い、「矯正によい時期は」小学校1、2年ぐらいで始めると機能とあいまって非常によく治ります。

成長の力を適切に促すことによって、自然でスムーズな歯並び・噛み合わせを得られやすくあります。だからといって、「大人だからできない」ということはありません。また、症状によっても適切な時期は異なります。

歯を抜かない矯正『ビムラー矯正』について、ご不明な点やご相談がありましたら、
浜松市役所ちかくの歯科むらお医院までお気軽にお問い合わせください。