お子様の大切な歯のために/大切なお子様の歯の健康について、ご一緒に考えましょう。お子様の
大切な歯のために大切なお子様の歯の健康について、
ご一緒に考えましょう。

フッ素な生活してますか?フッ素な生活してますか?

虫歯予防は正しい歯磨き、正しい食生活に加えて、フッ素の応用が必要です。

歯ブラシ法 歯ブラシを用いてフッ素ゲルを塗付する方法です。
トレー法 フッ素をトレーに入れ、お口の中に挿入し軽く噛ませて、約4分間そのまま保持していただく方法です。
トレー法

トレー法 使用イメージ

矯正歯科矯正歯科

矯正歯科イメージ

矯正治療は、歯並び・見た目を治すだけでなく、多くの利点があります。

歯が正しくかみ合わないと、食物はよくかめません。その結果、胃や腸などの消化器官の負担を大きくします。また、乱れた歯並びは歯の清掃がしにくいため、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。さらに成長中のお子様にとって悪い歯並びは、あごの骨の正常な発育を妨げる場合もあり、発音にも関係します。また、悪い歯並びが心理的な負担になることもあります。

矯正治療とは、歯並びをきれいにし、口元や、お顔のバランスをととのえ、上下の歯のかみ合わせを良くし、食物をよくかめる環境をつくることにより、患者様の健康と快適な生活をサポートする医療です。

矯正治療はお子様の治療と思われがちですが、成人の方でも可能です。歯並びでお悩みの成人の方、ぜひご相談ください。

歯を抜かない機能矯正『ビムラー矯正』の詳細はこちら

マタニティ歯科健診マタニティ歯科健診

マタニティ歯科健診イメージ

目的

  1. 妊娠するとエストロゲン(女性ホルモン)の増加などにより歯周病になりやすくなります。
  2. 歯周病は陣痛を起こすプロスタグランジン産生を促進させるため、早産の可能性を高めます。
  3. 乳歯の形成は胎生期7週目から始まるので、乳児期の健康な口腔を確保するためには、マイナス1歳からの母親の口腔管理を含む生活習慣の指導が必要です。
  4. 気持ちや体調の変化から歯科治療を受けたくても受けられなく、女性特有のからだの変化について歯科医師に相談しづらくなります。

このような悩みを解決し、妊娠中の女性に積極的に歯科を受診していただきたいと考えております。

大切なお子様の歯の健康について、ご不明な点やご相談がありましたら、
浜松市役所ちかくの歯科むらお医院までお気軽にお問い合わせください。